ワークスタイルライフスタイルママ美容師celeste 2019.3.20

セレストで店長を務める二児のママ美容師の働き方

Celeste 江古田店 店長 荻野 景子

セレストで店長を務める二児のママ美容師の働き方

新潟県出身。東京総合理容美容専門学校卒。7歳の男の子と3歳の女の子を持つママ店長。
2006年からCelesteで働き、2人子供を出産後も復帰して時短勤務をしている。2017年からは店長として勤務をしている。

初めての育児、仕事との両立
1人目の子供を出産した後は子育てをしながら、休園日の日曜祝日と火曜日休みの週5勤務をしてました。9時から18時まで勤務してお迎え、家に帰ってからはごはんを食べさせ、お風呂に入れて、寝かしつけて、とあっという間。でも子供が起きてる時間はなるべく接していたかったので本を読んだり、お話したり。もちろん休みの日は私も子供のように思いっきり遊んでました。今は1人目が小学生になり、2人目を保育園に預けています。一緒に過ごす時間が少ないぶん大切に、濃厚な時間を心がけてますね。1人目の子供を出産したときは、復帰するか退職するかとても悩みました。お店が忙しい夜の時間帯や日曜祝日に出勤できないので、周りに迷惑をかけてしまう。それに自分自身が初めての育児と仕事を両立できるのかも不安でした。でも自分を指名してくれるお客様、Celesteに来てくださるお客様を大事にしたかったし、先輩ママとして活躍するスタイリストがいらしたこともあり、時短勤務での復帰を選びました。


ママ店長として一生懸命やったが、やはりスタッフのサポートがあってこそ
2回の産休を経て職場復帰。時短勤務の私に、店長昇進のお話が!
もともと出産前に店長というキャリアを目指していたので、とても嬉しかったですね。でも正直いうと家庭との両立だったり、時短勤務の自分でも務まるのかな?と不安でいっぱい。そんな私に「できる範囲でやってくれたらサポートするから!」と、当時の上司が背中を押してくれたんです。出来ることを精一杯やろう、と決意できました。上司のおかげで今の自分があると思います。実際に店長になってみて、集客やスタッフケア、在宅での予約管理など業務内容は多くなりました。 時短勤務だと一日のお店の状況がリアルタイムで分からないし、常に隣でスタッフをサポートできないという歯がゆさもあります。でも視野が広がったし、成長は実感してますよ。 それに自分の時間を調節できるようになったのは良かったです。 お店に入るとどうしてもお客様に入らないと、、、となってしまうので。最近ではメリハリをつけて少し早めに上がらせてもらってます。店長としてやらなければならない業務などは家事の合間に家でやったり。ただ、こんな働き方ができるのはもちろん、他のスタッフのサポートがあってこそ。今の私が店長をやれている、周りの環境に本当に感謝しています。


セレストにはママスタイリストがいっぱい
セレストには私以外にもママスタイリストが30名近くいます!子供の年齢も様々、その分働き方も様々。急な発熱などでお店を休んだり、早退してしまうこも。
そんなときは申し訳ない気持ちでいっぱいになりますが、周りのスタッフがお客様に連絡をしてくれたり、代わりに入客してくれたりとフォローしてくれます。毎月来てくださる沢山のお客様、仲のいいスタッフ達、お客様のことを一番に考えて丁寧にマンツーマンで接客できる環境。こんなに希望が叶う職場なんて他にないんじゃないかなと思ってます。育児と仕事の両立は本当に大変です。働き方も変わりましたが、辞めないで復帰させてもらって本当に良かった。美容師という仕事が大好きですし、こんなに自分らしくいられる場所、働きやすい職場は他にないです。


新着記事

ソーシャルメディアやRSSから、YPBeautyの更新状況を受け取ろう

Category